吹奏楽酒場「宝島。」の日々

takarajm.exblog.jp ブログトップ

タグ:コンクール自由曲選 ( 9 ) タグの人気記事

【動画】吹奏楽コンクールおすすめ自由曲選/和風もの(中級)

今回のおススメ自由曲選は、やっぱり日本人には日本人に合った曲の方がやりやすいでしょう♪
ということで和風な曲!
その中でもグレード3~4くらいの中級なものを集めてみました(^^)

まずは泉SWOでも定期演奏会で演奏した樽屋雅徳の「斐伊川に流るるクシナダ姫の涙」
メロディが美しいし、オーケストレーションがしっかりしているので楽譜通り吹くだけで結構な完成形となります。
グレードは4なのである程度の大会まで目指せる曲だと思います(^^)



続いては葉村大八郎の『椎葉山由来記より 「鶴富姫」』
こちらは詳しい情報がほとんど無いので、楽譜が販売されているかどうかもわかりませんが(^^;
壮大で美しい曲です♪
おそらくグレードは4くらいでしょう。



続いては 河邊一彦「夢燃ゆる、紅き空に」
真田幸村の夢と情熱を描いた作品だそうで、大河ドラマっぽい感じです♪
様々な場面描写があり、どこをチョイスするかは悩みどころです(^^)



最後は坂井貴祐の「月光波濤 Waves in Moonlight」
北アルプス吹奏楽団委嘱作品で2013年に初演された比較的新しい曲です。
加山又造の水墨画「月光波濤」にインスピレーションを得て作曲されたそうで、最後の部分が個人的には大好きです(^^)



何回も言ってますがあくまで俺の個人的な主観での話しなので、ご意見や文句等は一切受け付けておりません(^^)

takarajima901をフォローしましょう

クリックご協力お願いします~♪

 
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ

[PR]
by takarajima0901 | 2014-11-25 16:23 | Trackback | Comments(0)

【動画】吹奏楽コンクールおすすめ自由曲選/今年の傾向と対策

かなり久々の個人的おすすめの自由曲選のご紹介でございます(^^)

最近では自由曲はどれもやり尽くして、どの団体も、他団体との差別化を図るのが結構苦労しているみたいです(^^;
だからでしょうか、高校の部ではチャイコやマーラーなど、あまりコンクールでは使われない曲が目立ちましたねー。
大学・職場一般の部では「中国の不思議な役人」が3団体やって全部金賞を獲得!
ちょっと前に流行ってたものの焼き直し(今ならもっとこういう演奏ができる!という感じ)が主流になりつつあるみたいです。

ということで今回はちょっと前に流行ったものからだいぶ前に流行ったおススメ自由曲をご紹介♪

まずは名曲!A・リードの「アルメニアン・ダンス・パートII」より ロリの歌
アルメは未だに人気ですが、このパート2の方は最近あまり聞かなくなりましたね(^^)



そしてこちらも最近あまりコンクールでは聞かなくなったハチャトゥリアンのバレエ音楽「ガイーヌ」
これはどの曲をチョイスするかでだいぶ変わります(^^)
弦の表情をつけるのが難しいので、「収穫祭」で終わるパターンはやめた方がいいみたいですw
個人的には第3幕第6場「良心」より「山岳人の踊り」「山の若者たちの踊り」は入れたいところですが、楽譜が無いんです(^^)



最後はだいぶ前に流行ったプロコフィエフの「スキタイ組曲」
俺が学生の頃は結構演奏されてたんですけどねー。(何年前だ!)
ただ、この曲をやるには相当なレベルが必要です。演奏できる団体は限られてくるかも・・・?





あくまで俺の個人的な主観での話しなので、これらをやったけど全国行けなかったからと言って文句は言わないでくださいねw

takarajima901をフォローしましょう

クリックご協力お願いします~♪

 
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ

[PR]
by takarajima0901 | 2014-11-18 15:58 | Trackback | Comments(0)

【動画】吹奏楽コンクールおすすめ自由曲選/変奏曲・コラージュもの

今回は他者の作品などの動機やテーマなどを用いて構成したり変奏曲にしたりする、いわゆるコラージュものを集めてみました。

この形態はここ十数年コンクールで地味に流行してるようです(^^)
まぁいろんな方の話を聞くと「これは作曲なのか?」と批判的な意見もありますが、俺はこれも一つの音楽のジャンルとして有りだと思うので、ご紹介します♪


まずは鈴木英史作曲「セルゲイ・モンタージュ」
2010年の全国大会でデアクライス・ブラスオルケスターが演奏して以来、結構取り上げる団体が多いみたいですが、全国出場まで果たした団体は先の団体しかありません。
セルゲイ・ラフマニノフの旋律や様々な動機が折り重なり、最後は「ピアノ協奏曲第2番」をメインに壮大に締めくくります。
ある程度の小編成でも十分演奏可能だそうです。
グレードは4+です。

☆セルゲイ・モンタージュ 【コンクール】



続いてはJ・バーンズ作曲「パガニーニの主題による幻想変奏曲」
この曲は1988年に発表された結構古い曲で、データを見るとバーンズの中では3番目にコンクールで人気のある曲です。
しかし全国まで出たバンドは無く、その難しさがよくわかります。
イタリアのバイオリン奏者パガニーニが作曲した無伴奏バイオリン独奏曲、24のカプリチオの中の第24番目の曲をテーマとして吹奏楽のための20の変奏曲として作曲されました。
15分もある大曲なので、どこをチョイスするかが勝負の分かれ目となりそうです(^^)
グレードは5です。

☆パガニーニの主題による幻想変奏曲/J.バーンズ



さて、ここからはかなり上級バンドのための曲を2曲!
まずは宍倉晃作曲、狂詩曲「ショパン・エチュード」
この曲はF.ショパンがピアノのために書いた24曲の練習曲から4曲を抜粋し、各曲のテーマを自由な形で表現し、ひとつにまとめた曲だそうです☆
その難しさからでしょうか、コンクールで取り上げたバンドは後にも先にも2005年の埼玉栄高等学校のみ!
まぁ、聞けばわかりますが、これは無理!とみんな敬遠したがるでしょうけど(特に木管)、ぜひ木管に自信のあるバンドはチャレンジしてみては?(^^)
グレードは5+~6です。

☆宍倉 晃 ショパン・エチュード 埼玉栄高校



さて最後は俺の大好きなヨハン・デ=メイ作曲「エクストリーム・メイク・オーヴァー ~チャイコフスキーの主題による変容~」
この曲は2005年のヨーロッパ・ブラスバンド選手権大会の選手権部門の課題曲の委嘱を受け、デ=メイが2004年秋にブラスバンド曲として作曲し、2006年に吹奏楽版が発表されました。
チャイコフスキーの「弦楽四重奏曲第1番 ニ長調」の第2楽章冒頭の旋律を主題とし、交響曲第4番、交響曲第6番、幻想序曲「ロメオとジュリエット」、さらにエンディングでは序曲「1812年」からの断片を引用しながら、さまざまな形に変容し壮大に終わる名曲です。
全国大会では川口市・アンサンブルリベルテ吹奏楽団が2007年に初演し、見事金賞を取りましたが、それ以降はあまり聞かれません(^^;
それからこのブニョル・アルティスティカ交響吹奏楽団の演奏がまた神懸かっていて、これくらいの演奏ができればおそらく全国間違いないでしょうw
グレードは6です。

☆エクストリーム・メイクオーヴァー


以上、個人的な好みが多分にありますが(笑
こんな感じの括りも面白いかなと・・・(^^)
今回はあまり参考にならないかな?次回はもうちょっと現実的な感じでまとめたいと思います!

takarajima901をフォローしましょう

クリックご協力お願いします~♪

 
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ

[PR]
by takarajima0901 | 2012-04-09 02:01 | Trackback | Comments(0)

【動画】吹奏楽コンクールおすすめ自由曲選/P・スパーク

新学期&新年度が始まり、いよいよ吹奏楽コンクールに向けて本格始動してるところが多いと思います。
そろそろこのおすすめ自由曲選のコーナーももっと活発にしなければいけないですね(^^;

ということで今回はP・スパーク特集でございます!
全国大会では「宇宙の音楽」や「ドラゴンの年」などが人気ですが、今回はあまり知られてない曲を紹介します!


まずは「カレイドスコープ~ブルックの歌による5つの変奏曲」
この曲はもともと2003年にスイスで行なわれた吹奏楽コンテストの課題曲として書かれた作品で、全5楽章から成りますが、どこをとってもいかにもスパークという曲です。
バリエーションが比較的多いのでコンクールには向いてると思います♪
グレードは4です。

☆カレイドスコープ ~ブルックの歌による5つの変奏曲



続いては「ナポリの休日(Neapolitan Holiday)」
コンクールではよく『ウィークエンド・イン・ニューヨーク』が取り上げられることが多いですが、新作は(と言っても2009年ですが)ナポリでございます(^^)
ナポリでのお祭りやパレード、ダンスなどの描写が随所に光る名曲です!
コンクールで取り上げるバンドはまだ少ないですが、いずれ流行る・・・かも?!
グレードは5です。

☆ナポリの休日 Philip Sparke



お次は「アトランティック・オデッセイ」
この曲は2010年に作曲された、比較的新しい曲で、「洋上の日の出と大海原の鳴動」、「高まる帰路と波しぶき」の2章からなる壮大な曲です。
メロディが美しく、様々な情景描写にすぐれていて、表題音楽と言う意味で結構コンクール向きだと思います♪
曲が長いので、半分くらいカットしなければいけないのが難点ですね(^^;
グレードは5です。

☆アトランティック・オデッセイ (P.スパーク)



最後は「アローザのための音楽(Music for Arosa)」
この曲はスイスの町アローザで開かれる音楽祭のために委嘱され、1996年に作曲された曲。
序奏・主部~中間部~フィナーレの3部形式の華やかな曲です。
特に中間部のクラリネットのソロは聞かせどころですね♪小編成でもたぶん大丈夫だと思います。
グレードは5です。

☆Music for Arosa / アローザのための音楽 P.スパーク


この他にもいっぱいスパークのいい曲はありますが、その辺はまたいずれ・・・(^^;

まだまだ頑張っておすすめ自由曲紹介していきます!参考になれば幸いです♪

takarajima901をフォローしましょう

クリックご協力お願いします~♪

 
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ

[PR]
by takarajima0901 | 2012-04-08 03:03 | Trackback | Comments(0)

【動画】吹奏楽コンクールおすすめ自由曲選/小編成の部その1

先日、お客様と話をしていたときのこと。
その方はコンクール小編成の部に出る学校に指導に行ってるそうで、コンクールで使える、何かいい曲ないですか?と相談されたので、いろいろ探してみました(^^)

その学校はパーカッションが少ないそうなので、今回はなるべくパーカッションを使わない小編成用の曲ということで、いろいろな方からのお知恵も拝借して、紹介いたします☆


まずはオリヴァドーティ作曲の「バラの謝肉祭序曲」
この曲は1947年に作曲されたもので、構成の大きな、変化に富んだ曲です。
パーカッションはスネア・バスドラ・ティンパニくらいで、20人から30人程度の小編成のバンドでも効果的に演奏することができる曲です。
グレードは3です。

☆バラの謝肉祭序曲/J.オリバドゥティ



続いて同じく序曲より、スッペ作曲/喜歌劇「美しきガラティア」序曲
クラシックですが吹奏楽でも十分聴かせられる曲で、コンクール向きです。
しかしここ十数年コンクールでは見たことありませんね・・・(^^;
ホルンなどのソロがあり、個人的技術は結構求められます。
パーカッションはスネア・バスドラ・ティンパニ・シンバル・その他と、ちょっと多いかも(^^)
グレードは3~4です。

☆喜歌劇「美しきガラティア」序曲 阪急百貨店吹奏楽団



続いてはヤン・ヴァン・デル・ロースト作曲「プスタ〜4つのジプシー・ダンス」
タイトルの「プスタ」とはハンガリーを中心に存在する広大な平原の名称のこと。
放浪の民ジプシーの舞曲をテーマとするこの作品のイメージにふさわしい雰囲気をもつ名称として名付けられたそうです。
近年では、ジプシーが差別用語にあたるという意見から副題は《4つのロマの舞曲》とされることもあるそうです。
どの楽章も素晴らしいのでカットに困るかもしれませんが・・・w
パーカッションはタンバリンなど小物が結構多いみたいです(^^)
グレードは4~5です。

☆プスタ ~4つのロマの舞曲



最後は兼田敏作曲「シンフォニックバンドのための《パッサカリア》」
この曲は1971年、音楽之友社創立30周年を記念して委嘱された作品で、同じ旋律の繰り返しの上に様々な変奏が繰り広げられる「パッサカリア」形式で、ときに現代風な顔ものぞかせる曲です。
鍵盤を使わないのでパーカッションが少ないバンドにはもってこいですね。
グレードは3~4です。

☆シンフォニックバンドのためのパッサカリア(兼田敏)



この他にもパーカッションをあまり使わない小編成用の曲でいいのがあったら、ぜひお教えくださいー(^^)

takarajima901をフォローしましょう

クリックご協力お願いします~♪

 
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ

[PR]
by takarajima0901 | 2012-03-15 15:22 | Trackback | Comments(0)

【動画】吹奏楽コンクールおすすめ自由曲選/J・バーンズ

久しぶりの個人的おすすめ自由曲選のコーナーでございます(^^)
今回は「アルヴァマー序曲」や「アパラチアン序曲」でお馴染みのJ・バーンズ特集。

バーンズは、中学生くらいがやる中級程度の曲もあれば、コンクールで使える上級クラスの曲もあり、結構多彩でございます。
特に交響曲はいい曲ばかりですので、今回は交響曲の特集にしてみました。参考にしてみてください☆


まずは「交響曲第3番より第4楽章フィナーレ」
この曲はバーンズの中では「祈りとトッカータ」に次いで2番目にコンクールで人気のある曲です。
最近では2004年に1団体、2005年に2団体、2007年に1団体、この曲で全国大会に出場しております。
グレードは5+です。

☆Third Symphony op. 89 de James Barnes - Parte 4



次はその後の「交響曲第4番イエローストーンポートレートより。第2楽章かもしかのスケルツォ。第3楽章インスピレーション・ポイント」です。
こちらも名曲なんですがコンクールではあまり取り上げられませんねー(^^;
個人的には大好きなんですが。
やっぱり先の第3番の方が技術的にも華やかさ的にもコンクールに向いてるのでしょうか・・・
過去に支部大会で3回しか演奏されてません。全国は0です。
グレードは5となってますが俺的には4くらいな感じです。

☆Fourth Symphony de James Barnes II. Pronghorn Scherzo


☆Fourth Symphony de James Barnes III. Inspiration Point



最後は「交響曲第6番」より第3楽章です。
この曲は比較的新しいからでしょうか、コンクールで取り上げている団体は無いですね(^^;
やや編成が少なくても大丈夫な感じなので、人数は少ないけど上位を目指したいバンドにはもってこいだと思います。
ただ6分くらいと短めなので、他の楽章と合わせてやるのがいいでしょう☆
グレードは調べたけど載ってなかったので、おそらく4くらいだと思います。

☆東京音楽隊 Tokyo Band 第6交響曲 作品130(ジェィムズ・バーンズ)Ⅲ


次回はいつになるかわかりませんが、コンクールシーズンまでにはもっともっといろんな曲を紹介したいと思ってます。
それからこんな編成でこんな感じの曲ないですか?というリクエスト受け付けますー♪


takarajima901をフォローしましょう

クリックご協力お願いします~♪

 
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ

[PR]
by takarajima0901 | 2012-03-08 14:59 | Trackback | Comments(0)

【動画】吹奏楽コンクールおすすめ自由曲選/アレンジ特集その1

えー、吹奏楽オリジナルが続いたので、この辺で近年コンクールで取り上げることが多くなってきたオーケストラのアレンジものをご紹介!

まぁ、アレンジ作品はあまり得意ではないので、作曲家別ではなく、気になった作品から紹介するということで、まずはその1回目ということで・・・(^^)

吹奏楽コンクールで常に人気の上位を占めている「ローマの祭」とか「トゥーランドット」などはもう紹介しなくてもいいと思うので、今回は個人的に今年流行しそうな曲を挙げていきます。


まずは去年山王中学校が全国で銀賞を取ったラフマニノフの「交響的舞曲」より
この曲はラフマニノフ最後の作品で全3楽章から成る曲です。
コンクールでは第3楽章を取り上げる団体がほとんどですね。
技術も表現力も重要となる非常に難しい曲です。グレードは5です。
佐藤正人編曲。川越奏和奏友会吹奏楽団の2009年吹奏楽コンクール金賞の演奏です。

☆「交響的舞曲」より 第3楽章



次はここ3~4年で人気が出てきたマスカーニ作曲の歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より。
全国では金賞は2つしかでてないので、かなり作り上げるのは難しいと思いますが、グレードはおそらく3~4くらいでしょうか。。。
宍倉晃の編曲版では「前奏曲」「乾杯泡立つ酒を」「祈りの歌」の抜粋となっております。
最後の「祈りの歌」ではコーラス(合唱)もあるので歌も上手くないといけません(^^)
伊奈学園吹奏楽部 第25回定期演奏会の映像です。ちょっと音量小さいかもしれません(^^;

☆歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より



最後は、いつかは演奏したいと思っているベルリオーズ作曲の「幻想交響曲」より第5楽章「サバトの夜の夢」です。
ベルリオーズが弱冠27歳の時に書いた傑作です。
80年代には結構流行っていたんですが、、、最近では去年大宮高校が全国銀賞でした。
編曲はマーク・ロジャース、藤田玄播、天野正道、といろいろあるみたいです。
グレードは5。
演奏は土気シビックウィンドオーケストラです。

☆「幻想交響曲」より第5楽章「サバトの夜の夢」


ホント個人的な見地で書いてますが、この他にもまだまだ流行りそうな曲はいっぱいあると思います(^^)
皆様のご意見、リクエスト、お待ちしております!

takarajima901をフォローしましょう

クリックご協力お願いします~♪

 
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ

[PR]
by takarajima0901 | 2012-02-20 04:40 | Trackback | Comments(0)

【動画】吹奏楽コンクールおすすめ自由曲選/アルフレッド・リード

さて、今回のおススメは日本の吹奏楽を語る上では無くてはならない作曲家、アルフレッド・リード博士の特集です!

80年代~90年代には、リードの曲は必ずといっていいほどコンクールで演奏されてましたが、ここ10年くらいはあまり演奏される団体が少なくなってきて、寂しい限りです(TT)

「アルメニアン・ダンスPart1&Part2」「エル・カミーノ・レアル」「第2組曲」など、王道で壮大なオーケストレーションの曲がよく好まれ演奏されますが、今回はややマイナーだけどコンクールに合う(むしろどっかやって欲しいという希望も含め(^^))曲をご紹介。


まずは「交響曲第4番」
「エレジー」「インテルメッツォ」「タランテラ」から成る全3楽章の曲ですが、ISWOでも過去にコンクールでやった第3楽章の「タランテラ」が面白くて難しくてやりがいがあります!
全楽章から抜粋、あるいは2楽章・3楽章から抜粋あたりでやるのがいいかもしれません。
演奏はトルン聖ミカエル吹奏楽団。1993年のWMCウィニング・コンサートでの演奏です。
グレードは5です。

☆A.リード 交響曲4番 第1楽章 エレジー


☆A.リード 交響曲4番 第2楽章 インテルメッツォ


☆A.リード 交響曲4番 第3楽章 タランテラ



お次は「吹奏楽のための第3組曲~バレエの情景~」
1981年に作曲されたこの曲は「ファンファーレと序奏」「パ・ドゥ・ドゥ」「風変わりなポルカ」「全員の踊り」の全四楽章で構成されています。
バレリーナの入場からクライマックスでの全員の踊りという情景を、リード節全開で作られていて、昨今流行のオペラものにも匹敵する出来栄えです(^^)
むしろオケのアレンジものより吹奏楽のために作られている分、作りやすいかもしれません♪
全楽章良いのでどの楽章をカットしたらいいかはわかりません(^^;全楽章から継ぎはぎという手もありますが・・・
グレードは5です。

☆A.リード作曲  第3組曲~バレエの情景~



最後は「吹奏楽のための第5組曲~インターナショナルダンス~」
1995年、下関ウィンドアンサンブルの委嘱で作曲されました。
曲は日本を含む世界各国の舞曲で構成されています。
I. ホー・ダウン ~アメリカ~
II. サラバンド ~フランス~
III. 山伏神楽 ~日本~
IV. ホラ ~ルーマニア/イスラエル~ 
これも長いのでカットしなければいけませんが、どこをカットするか迷うくらい、どの楽章も素晴らしいです(^^)
グレードは5です。

☆Fifth Suite for Band.Tokyo Kosei Wind Orchestra.


なんか組曲ばっかりになってしまいましたが、リード先生の曲はどれも良いので、流行を追わずこういう曲もやってほしいものです(^^)


*追記としてリクがありましたので「オセロ」をご紹介します。
「オセロ」は「ハムレット」に続いてリードが77年に発表したシェークスピア・シリーズ第2弾!
全5楽章から成る曲ですが、今回は地元東北の有力バンド、大曲吹奏楽団の1997年の全国大会金賞の演奏をご紹介☆素晴らしい演奏です♪
グレードは5です。

☆’97/大曲吹奏楽団/「オセロ」よりⅠ・Ⅲ・Ⅳ楽章


takarajima901をフォローしましょう

クリックご協力お願いします~♪

 
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ

[PR]
by takarajima0901 | 2012-02-14 02:00 | Trackback | Comments(2)

【動画】吹奏楽コンクールおすすめ自由曲選/福島弘和

ありがたいことに、最近ではお店に各校や各団体の先生や指導者の方々がお目見えするようになり、いろいろ話を聞くと、コンクールの自由曲を選ぶのはやはり一苦労だとか(^^)

そこで、たいした知識もありませんが、個人的におすすめの自由曲候補曲をゆっくり紹介していきたいと思います。
中高生用の曲が中心になると思いますが、皆様の何かの参考になれれば幸いです♪


まずは去年泉シンフォで自由曲として演奏した「ラッキードラゴン〜第五福竜丸の記憶」の作曲者:福島弘和先生の特集!

去年ラッキー・ドラゴンは一気に流行りだし、「シンフォニエッタ第2番『祈りの鐘』」と共に人気曲の上位に入ってきました。
おそらく今年もこの2曲をやる団体は多いでしょう(^^)

しかしこの辺はグレードが上級なので、今回はグレード中級くらいの曲を紹介します☆


まずは個人的に大好きな「北からの風よ」 です。
2001年に群馬県で開催された国民文化祭のために作曲された曲で、感傷的で情熱的なメロディラインが印象的です。
どちらかというと北海道・東北・中部・北陸あたりの、寒さの厳しい地方のバンドに向いているかもしれません(^^)
グレードは3~4です。

☆【吹奏楽】 北からの風よ 福島弘和



次は「祝典序曲『祈りは時の流れに輝く』」です。
仙台第一高校の吹奏楽部創部50周年記念の為に書いた祝典序曲で、小編成対応。
オーケストレーションはこのバンドの諸事情に合わせてあり、金管が鳴るように、打楽器の活躍する所を入れて、木管はtuttiで動き、上手な楽器にsoloを入れてあるそうです。
グレードは3+

☆祈りは時の流れに輝く



続いて『チュプカムイ』
先の「北からの風よ」とちょっと雰囲気は似ておりますが、アイヌ民謡を題材にした曲です。
「チュプカムイ」とは「光りの神様」と言う意味で、日蝕のに太陽におおいかかろうとする黒い悪魔を追い払う呪文だそうです。
グレードは3+

☆吹奏楽『チュプカムイ』



そして最後は交響的詩曲「走れメロス」
やはりコンクールでは如何に曲のイメージを持って演奏するかが鍵となると思うので、そういった意味ではこういう標題音楽はつかみやすいと思います。
打楽器の最低演奏人数は5人ですが、必要な楽器を選択してゆけばそれ以下でも演奏は可能だそうです。
グレードは3+

☆走れメロス~吹奏楽~



追記として「アイヌ民謡「イヨマンテ」の主題による変奏曲」をご紹介。
この曲は2006年、創価グロリア吹奏楽団の委嘱で作曲されたもので、アイヌ民謡のイヨマンテ(熊の霊を送る儀式)の中の歌を主題とした12の変奏曲から成る曲です。
バリエーションの選択は、順番通りでなくても、前後を入れ替えても問題ないそうなので、各楽団毎の個性を出せるバリエーションを選択すると良いでしょう(^^)
もしかしたら今年流行りだすかもしれませんね☆
グレードは4~5です。

☆アイヌ民謡「イヨマンテ」の主題による変奏曲



もちろんこの他にもたくさん良い曲はあります!一応動画サイト等で試聴できるもの中心に集めてみました。
かなり個人的好みはありますが、またどんどん載せていきたいと思います☆

takarajima901をフォローしましょう

クリックご協力お願いします~♪

 
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ

[PR]
by takarajima0901 | 2012-02-13 02:26 | Trackback | Comments(4)

吹奏楽&音楽好きな方、安く飲みたい方、一人orみんなでワイワイ飲みたい方、是非一度お立ち寄りくださいませ♪ 店主夫妻がバイトさん達と元気に営業中♪ 【住所】仙台市青葉区国分町2丁目8-34小関ビル2F


by takarajima0901
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31